2013年2月16日土曜日

松原界隈・あの場所はいま?

その場所-4:京王自動車学校

OBの記憶に残る風景を紹介するこのコーナー、今回は本当に記憶だけになってしまった場所をお見せします。 かって明大前駅そばにあった「京王自動車学校」です。

 昭和50年代の明大前駅周辺 

上の写真をご覧ください。横に走っているのが京王線(右が新宿方面)、縦に走っているのが井の頭線(下が渋谷方面)です。そして井の頭線の線路に沿って、在りし日の「京王自動車学校」が写っています。懐かしいですね・・・

「京王自動車学校」は線路左手マンションの場所にあった。 
母校は線路右奥方面。井の頭線の跨線橋から撮影。 

実は私も大学在学中に同校で運転を習ったのでありまして、その構造をよく覚えています。井の頭線の線路へ落ちる崖の高低差を活かした上下2層の珍しい練習コースを持つ教習所で、甲州街道へのアクセスも抜群でした。この「京王自動車学校」、どうも平成に入った頃に廃業したようですが ネットで検索しても、当時の情報が皆無でありまして残念無念であります。その跡地には丸紅系のマンションが建っています。

道路左手に教習コースがあり、金網越しに狭いコースを 
ゆっくり走る教習中のクルマを見ることができた。
学科の授業を受ける教室棟は手前の渋谷方面に建っていた。
道路正面が京王線の線路をくぐるトンネル。左へ曲がれば井の頭線の跨線橋です。

当時の面影が残るコインパーキングのスロープ。 
下層のコースに路上教習を終えた教習車が入っていく風景を思い出す。 

世田谷の住宅密集地にあったコンパクトな教習所、京王自動車学校。 どのような事情で消滅したのか、今では知る由もありませんが、クルマが若者の憧れだった時代、母校の生徒たちにとって、あのくすんだ印象の京王自動車学校も、夢のライセンスを手にすることができる場所でありました。

梅窓会 広報部会

0 件のコメント: