2017年7月15日土曜日

7:0でコールド勝ち。
第99回 高校野球選手権 西東京大会 第3回戦 

30年振りのシード校となった日学。実に長い道のりでした。それだけに皆の期待は大きい。日学の今日の試合は第3回戦(日学はシード校なので初戦)ですが、例年の倍ぐらいは優に超える応援団(20代の若手から80代と思われる大先輩)がスタンドのあちこちに陣取っています)

会場は町田市小野路球場。プレーボールは10時、対戦相手は勝ち上がってきた都立杉並高校。日差しは強く、まさに真夏の猛暑の中の試合でした。保護者のお母様たちが適宜冷たいお茶を配っていただき嬉しい限りです。吹奏楽部も暑い中を気合の入った演奏を披露。 夏の高校野球の雰囲気を盛り上げます。

試合は1回表の攻撃でいきなり日学は3点を先取。その後何度か追加点を得られるチャンスがありましたが、相手都立杉並高校を崩すまでにはいかず5回まで硬直状態が続き3:0のままの試合展開。均衡が敗れたのは6回表。三番・溝口君のタイムリーで1点を追加して4:0とし試合を動かしたところで、四番・井上君が登場、ここで会心のセンター越えの強烈な3ランホームランを放ち、この回一挙4得点として試合を決めました。ピッチャー小橋川君の力投が素晴らしく、そして内外野の守備も硬く小橋川君をガッチリとサポート、三塁はおろか二塁すら踏ませない守り、杉並高校に反撃にまったくのスキを与えませんでした。7回を終わり7;0で都立杉並を破り日学のコールド勝ちとなりました。

日本学園:300 004 0・・・7
都立杉並:000 000 0・・・0

●次戦の4回戦の日時・会場・対戦校は以下の通りとなりました。
 日時:7月17日(月)・10時開始予定
 場所:町田市小野路球場
 対戦高校:明治学院東村山高校
 OBの皆様のご来場・ご声援を心よりお待ちしております。
 紫外線対策と熱中症対策をお忘れなく。

広報部会 中村 隆        (画像はクリックで拡大できます。)

試合前の日学側応援スタンド
保護者、学園関係者、OBの応援団
野球部応援隊も気合が入ります。
猛暑の中、吹奏楽部の演奏、ご苦労様です。
三番・溝口君のタイムリーなヒット
ピッチャー小橋川君の力投
四番・井上君がセンター越えの強烈な3ランホームランで走者一掃
ナインに迎えられる四番・井上君
試合終了後、両校の健闘を称え挨拶
7:0:でコールド勝ち
 
 

2017年7月14日金曜日

狭山丘陵の東端、八国山緑地へ行ってきました。

米田さんが最近スマートフォーンを買われ、旅先で内蔵のカメラを使って写真撮影を楽しんでおられます。(撮影はとっても簡単、撮った画像はプリントもできますし、メールを使って家族、友人にも送れます)。今回はスマホを使って投稿がありましたのでご紹介します。OBでスマホをお持ちの方、購入を考えている方、この機会にブログに投稿してみませんか。

広報部会
 

月4日(火)、狭山丘陵の東端、八国山緑地へ行ってきました。スマホを買って初めて写真を撮りましたが、写し方をまだあまりらず失敗の連続。なんとか見られるもののみをご覧にいれます。緑地の前に正福寺に行き地蔵堂を拝見。これは国宝です。赤坂離宮(迎賓館)が国宝に指定されるまでは、都内唯一の建物としての国宝でした。八国山の南側のあやめは既に終わっておりアジサイのみが目の保養となりました。八国山は低い細長い丘で一番高いところ(標高89.4m)からその昔、常陸・安房・甲斐など八国が見えたためそのように命名されました。

 28年卒 米田利民


 正福寺地蔵堂
アジサイと仏たち
白いアジサイ(米国種)アナベル
八国山山道

 
 

2017年7月2日日曜日

平成29年7月度 梅窓会 運営委員会開催のお知らせ

平成29年7月度の運営委員会を下記の通り開催いたします。
運営委員・オブザーバー各位のご参集をお願いいたします。
運営委員で欠席の方は梅窓会事務所または出席者へ必ずご連絡ください。


開催日時:平成2978日(土) 14:0016:00

開催場所:803会議室(日本学園内)                      

 
議題

1)  56月度 運営委員会 議事録確認(関口、東ヶ﨑)

2)  部会活動報告〈総務・広報・組織・会計・企画〉(各部会長)

3)  平成296月度 会費納入状況報告(君塚)           

4)  常任幹事会、総会実施総括(宮原)

5)  平成29年度 事業計画の課題遂行について(松永)

6)  日学祭 出展準備について(関口)

7)  その他                            (敬称略)

 

※会議中に「理事会報告」を予定しています。

※会議終了後、「懇親会」をおこないます。(清水幹事)。

                                                                 

以上