2016年10月5日水曜日

秋の常任幹事会 開催される。

101日(土)午後1から日本学園の特7教室をお借りして「秋の常任幹事会」が松井啓真氏(S42年卒)の司会、稲垣一郎氏(S38年卒)の議長のもと、約40名の参加を得て開催されました。●梅窓会会長 髙木光氏(S30年卒)の挨拶後、来賓の堀内優憲 日本学園理事長(S29年卒)からは学園の近況報告などを小岩利夫 日本学園校長先生からは梅窓会が在校生のクラブ活動に対して積極的な応援活動をおこなっていることに対してのお礼の言葉を交えてご挨拶をいただきました。●続いて議事である梅窓会活動報告として創立130周年記念募金の使い道について学園側の要望を聞いて何を贈るかが絞り込まれてきたという報告が副会長の君塚晴信氏(S37年卒)からありました。最後に同じく副会長の浦山景次氏(S33年卒)から閉会の辞として学園のいろいろな運動部の応援に梅窓会有志と行っており、母校日本学園は近年目覚ましい結果を出してきており、強豪校の一角に育ってきているという頼もしい報告があり、滞りなく「秋の常任幹事会」は午後2時に終了いたしました。●当日は日学祭も開催されており、会の終了後は皆さんクラスや部の展示発表のある教室、模擬店のある校庭、劇や演奏会のある体育館や講堂へと散っていきました。 お忙しい中をご参加いただきありがとうございました。

梅窓会 広報部会

 

0 件のコメント: